消費者金融

総量規制対象外の地方銀行の特徴とは?

総量規制に該当するのは銀行以外の金融機関でして、銀行は地方銀行でも総量規制外です。地方銀行の場合は例えばカードローンにしましてもその地域の営業地域内に住んでいるか勤務先がある人しか利用ができませんとしているところが多いのですが、しかし中には地方銀行のカードローンで全国を対象にしているという特徴のところもありまして、そこを利用すると便利です。総量規制対象外というメリットもありますし、このように全国どこからでも申し込めますという地方銀行のカードローンは今後も増加すると考えられます。
このような地方銀行のカードローンで今注目されていますのが九州地方の佐賀県の銀行です。ここの商品は借り換えやおまとめに良いですと前面に出しているからですが、内容的には最大限度額500万円という多さなことが挙げられます。限度枠が少ないとおまとめなどに使いにくいですから、この点も借り換えやおまとめ用として人気がある理由です。
そのほかの特徴としましてはパートやアルバイトの人も利用できることもあります。金融機関によりましては利用できませんと規定しているところもありますから、これも総量規制対象外のメリットと言えます。
この銀行自体の口座が不要なのも特徴です。ではどうやって利用するかと言いますと、借り入れる時はコンビニエンスストアや提携金融機関のATMです。このような地方銀行の場合は同じ一帯の他の銀行と提携していることが多いですが、この佐賀県の銀行も九州の他銀行と提携していまして、お互いの利用が平日無料同士となっていますので、地元の人には特にお得です。どの銀行も総量規制対象外ですから協力がしやすいのです。
返済は口座引き落としやコンビニエンスストアのATMからの振り込みが可能ですが、手数料が無料で利用できます。