IT · ファクタリング · 資金調達

IT業界でのファクタリングでの資金調達について

ファクタリングは売掛債権を早期に現金化する方法で、企業のキャッシュフローを改善する効果が有ります。その反面、手数料支出が発生するため、結果的に手にすることのできる現金が減ってしまうという問題も有ります。その為、業種により適しているところとそうでない所があります。
IT業界に於いては、システムを開発し納品するといった作業を伴う販売が主流となります。そのため納期が遅れたことによる支払の遅れというものが十分に想定されます。さらに比較的新しいビジネス形態であるIT業界に於いては、新興企業が多いためキャッシュフローが短い企業が多く、その資金調達も短期借用が多いのが特徴です。また多くの企業が大企業などから資金援助を受け活動しているため、支払いが滞ったりするとその信頼を失い、資金を引き揚げられてしまうことになります。従って支払いの遅れは倒産を招く危険性が極めて高いことになり、ファクタリングの利用価値が非常に高い業種と言えるのです。
又、手形の裏書のような担保の必要が無いこともファクタリングがIT業界の企業に向いている大きな理由と言えます。手形の裏書の場合には万が一相手が支払いができない場合にはその手形を買い取らなければならないため、資金調達が短期のIT業界では大きな痛手となります。その点、ファクタリングではこのようなリスクが無いため安心して現金を手に入れ支払いに回すことができるのも大きなメリットになります。
資金調達プロのファクタリング評判は?